富士見小総合学習「ヤゴ救出作戦」

a0258102_2103318.jpg
  富士見小学校5年生 総合学習(ヤゴ救出作戦)     平成24年5月31日

イベント名総合学習「ヤゴ救出作戦」                                                                                                                                                                                       
実施時期平成24年5月31日(木曜日)
対象者東村山市立富士見小学校5年生1~2組(61名)              
時間帯9:35~11:25                                  
活動内容プールからヤゴを救出してミニたんぼと空堀川へ放流する
学校担任小沼先生、神山先生ほか
協力・支援NPO空堀川に清流を取り戻す会(垂水、分部、友保)
子ども達プールに入れる服装。 はだし、サンダルは不可                            
学校で用意するものバケツ、バット、タモ網                                                           
当会で用意するものタモ網、スプーン、エアポンプ、バケツ、紙芝居、記録用紙、                   
フィルムケース、赤虫
保険学校で付保
実施明細

事前準備試し捕り事前にヤゴがいるかどうか確認する(極端に少ない場合は中止もありうる)
水抜き1~2日かけてプールの水を水深20~30cmまで抜いておく。            
家庭へ生徒の家庭にヤゴ救出作戦授業の趣旨と体調への配慮につて連絡しておく。  
救出したヤゴを家で飼う場合は家族と十分話し合って了解してもらっておく。

中止の判断前日(または当日午前7時半ごろまでに)担任教諭が判断し、関係者に連絡する。
原則として小雨決行。
学校での飼育事前に世話係を決めておき、トロ箱、エサなど必要用具類を準備しておく。


当日の時間割  

   9:35プールに集合                                           
   9:35~ 9:45 10:40(井戸端前に集合)   10:50~(3班に分かれて活動)  12:00(報告)  12:10(解散)挨拶、サポーター紹介、今日の活動について説明                          
   9:45~ 9:50紙芝居(ギンヤンマの一生)                                      
   9:50~10:00 7月7日(木曜日)ヤゴの捕り方、種類、注意事項                                   
  10:00~10:30  1:30~3:00も上記と同様の時間配分(7月8日のこの時間帯は予備)  ヤゴ捕り。各組の半数がプールに入り、残り半数がプールサイドでカウント。
  10:30~11:00残り半数が交替                                            
  11:00~11:10種類と数の発表                                         
  11:10~11:25 井戸端に集合して先生方の挨拶。各班に分かれて担当者が活動内容を説明してスタート。ミニたんぼへ放流 、挨拶、解散。  一部は空堀川に放流。                                           


救出した種類と数:アカネ系 1163頭     シオカラ、ギンヤンマ系、糸トンボ系は残念ながらゼロ。
総括:
●全員を半数に分けて捕る組、数える組が交替したのでスムーズに運んだ。
●注意事項を良く守り、活発に活動したので楽しい授業になった。
●皆がタモ網やトレー、バケツなど、使った道具を綺麗に洗い、きちんと片づけたので気持ち良く活動が出来た。
改善点
●学校や家での飼い方をも少し詳しく説明するほうがよかった。
●ギンヤンマや糸トンボを呼び寄せるためのヤゴイカダを9月ごろに設置することを検討する。
a0258102_211793.jpg
a0258102_2114149.jpg
a0258102_2114149.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-31 21:03 | 環境学習支援

第15回空堀川クリーンアップ(東大和)の報告

第15回空堀川クリーンアップ 写真報告(2012.4.28)     空堀川を考える会 代表 小倉安洋 
前日までの雨空とはうって変わり快晴に恵まれ、予定より早く無事に清掃作業を終えることができました。参加頂いた多くの皆様に感謝を申し上げます。この日はイベントが重なり尾崎保夫東大和市長は不参加となりましたが、東京都から北多摩北部建設事務所の相馬課長補佐ほか2名、東大和市環境課からは町田課長にご参加頂きました。ありがとうございました。また、毎回飲料を提供頂いている森永乳業㈱東京多摩工場様、今回も多くの従業員の皆様にご参加頂いた㈱サンワーク様および空堀川に生息する鳥たちの解説など情報提供頂いたバードウォッチング同好会の小川様には、特に、御礼を申し上げます。
はなはだ、簡単ではありますが、下記の通り、写真報告をさせていただきます。なお、次回第16回は、7月28日(土)を予定しております。改めてご案内させて頂きますが、引き続きご支援のほどお願い申し上げます。
・参加者:61名(名簿記入者)、・収集したゴミ:合計220kg(可燃180kg・不燃40kg+自転車・テレビ各1台)
a0258102_1012516.jpg
a0258102_10131966.jpg
a0258102_10135152.jpg
a0258102_10142054.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-18 10:15 | クリーンナップ

ハマナスが咲いています

今年も井戸端のハマナスが咲きました。
花は7個、つぼみは数えきれないぐらいあります。
当分は咲き続けるでしょう。

友保
a0258102_16582684.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-07 17:00 | 空堀川の状況

第14回空堀川・川まつりのご案内

第14回 空堀川・川まつりのご案内

日時:平成24年5月27日(日曜日) 午前10時~午後3時
場所:東村山市内 空堀川 浄水橋下流右岸 「からぼり広場」
催物:魚の放流、金魚すくい、ヨーヨー、スーパーボール、子ども遊び、カモレース、バルーンアート、
    ゴムボート、カヌー、南米音楽、お囃子、阿波踊り ほか
屋台:綿あめ、カキ氷、やきそば、フランク、おでん、おやき、タコ焼き、バナナ、おにぎり
    焼きダンゴ、トルコ料理、唐揚げ、すいとん、うどん、パン、ラムネ、ビール、ジュース ほか
展示:東京都北多摩北部建設事務所、東村山消防署
    新河岸川流域川づくり連絡会、NPO空堀川に清流を取り戻す会
フリーマーケット: 80区画
主催:空堀川・川まつり実行委員会
協賛:東京都、東村山市、森永乳業、空堀川を考える会
    新河岸川流域川づくり連絡会(国土交通省)
小雨決行、雨天中止
問い合わせ先:東村山市道路管理課(042-393-5111) または
          空堀川・川まつり実行委員 友保(090-9209-1784
a0258102_984862.jpg
a0258102_994852.jpg
a0258102_910116.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-03 09:19 | 空堀川・川まつり

ササゴイ?目撃

4月27日 西武国分寺線の鉄橋上手右岸で桑の木に止まっている鷺の仲間を目撃しました。
雨でずぶ濡れ、震えておりました。 ササゴイ?でしょうか。 空堀川ではあまり見かけません。  友保 
a0258102_21302883.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-01 21:32 | 空堀川の状況

空堀川クリーンナップ(第二会場)の報告

28日のクリーンアップの状況をお知らせします。
第二会場下堀広苑
参加人数、記名者は60名でした。内当会の人数は11名

ゴミの種類と数字は1:燃やせるゴミー21袋、2:燃やせないゴミー17袋、
3:ビン、カン、ペットボトルー17袋、4:処理困難ゴミー8袋
5:粗大ゴミ、ふとんー1、木製型枠ー900角程度ー1枚、南京袋-1枚
  製材木(垂木)900mm2本、看板の一部500角1枚、電気のコード1束
  そのほかテレビ(昔の大型)等、バイクのエンジンは重量物なので後日
  北北建の菊池さんに処理をすることでお願いしました。
>
 好天に恵まれ、参加者も気持良く作業をされていたように感じております。
 皆様には森永さんの差し入れのジュースを満遍なく配り喉を潤しながらの
クリーンアップでした。

大量の空き缶は確信犯の仕業?

第二会場 垂水
a0258102_20421072.jpg

a0258102_20491316.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-01 20:49 | クリーンナップ

空堀川のクリーンアップ(第一会場)の報告

第30回クリーンアップ 第一会場 報告            岡田一郎


夜来の雨も上がって清々しい快晴の朝に、参加者記録となる54名の大勢の方が参加され、毎回15名前後の参加者で、20名を超えることはなかったので事務局は嬉しい悲鳴をあげました。開会の挨拶と実施要領を岡田が説明し、当会の参加者3名(神山、国田、内堀)を紹介しました。

 参加者は市民19名、森永乳業関係者30名、北北建1名、当会員4名でした。

からぼり広場を最終集積場所にして、空堀上橋から下流に攻め入る組と久米川駅ガード下から上流に上る組との2組に分けて作業を行いました。

父親と幼児3人、母親と幼児2人の親子参加者、それに犬との散歩途中に清掃活動風景に遭遇し、急きょ帰宅し身支度を整えて参加した中年主婦など微笑ましい参加者もおりました。程よい水量の空堀川の春風景を満喫しながら皆が心地よい汗を流し、参加の意義を確認しあいました。参加者全員が無事故で記念の30回クリーンアップを終了し、11時10分に終了の挨拶と活動をねぎらい、参加者の方々に記念の粗品を差し上げました。

第二砂川橋右岸に集められた収集物は、全て念入りに分別した結果、その成果物量は以下の通りでした。なお、馬頭橋右岸にも急きょ第二集積所を設け、北北建の牧野様より快く回収対応を応諾いただきました。

2ケ所での回収成果は可燃ごみ12袋、不燃ごみ33袋、他に粗大ゴミは座卓大1、応接椅子小1、カーペット1枚、畳表1組、床の間畳1ヶ、自転車1台、木製板各種4枚、杉木(径15cm×長35cm)の切材4ヶ、骨組傘6本などでした。

分別を見極めた後で、恒例・名物の「水団入り豚汁」が美住町集会場でふるまわれ、約25人が美味しく食しました。

お別れに5月27日の川まつりのPRも行いました。
a0258102_20333460.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-01 20:34 | クリーンナップ