南台小学校でヤゴ救出作戦を行いました!

  2016年6月1日(水)に、東村山市立 南台小学校の児童とプールのヤゴの救出を行いました。
 プールは、去年の水がそのまま残っています。その中に、沢山のヤゴが住んでいます。そのまま水を抜いてしまうと下水に流れて全部死んでしまうことになります。そこで、救出作戦を行っています。
 ヤゴは、トンボの子供です。ヤゴは、蚊の子供のボーフラを餌にしています。また、親のトンボは蚊を餌にしています。ヤゴを救出すると、間接的に蚊の発生を抑えられることになります。環境の改善ができることになります。

 今年の救出作戦では、約1,200頭以上のヤゴが救出されました。児童の笑顔が、楽しさを物語っています。
 他の学校でもやってみませんか?学校関係の方、是非下記にご連絡をください。(担当 平田)
ken160hirata@gmail.com
a0258102_2165017.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2016-06-10 21:09 | 環境学習支援

浄水場前のワンドのかいぼりをします!

 浄水場前(こどもの水辺)のワンドのかいぼりをします。
 ワンドとは、川とつながっていて、池状になっているものをいいます。
洪水の時に魚などの逃げ場所になり、小魚・ヤゴ・植物などが育つ場所になります。
 かいぼりとは、池やワンドの水を抜いてその中の泥をさらい、魚などを捕まえることです。
水質を改善し、有害な外来種は駆除して自然を回復します。前回は、3年前に行いました。今回、へどろがたまって水質が悪化しているため、再度行うことにしました。

日時:2016年4月1日(金) 10時〜15時(予備日は、3月31日です。)
場所:浄水場前ワンド(浄水場と空堀川の間、浄水橋と馬頭橋の間です。)

 作業は、東村山一中の生徒さんと私たち会員で行いますが、見学はご自由にできます。浄水場側の空堀川管理通路からお願いします。
a0258102_20474372.jpg
a0258102_20482050.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2016-03-16 20:49 | 環境学習支援

空堀川を学ぶ

   「空堀川を学ぶ」茅ヶ崎市下水道河川建設課及び「生き残れ川の応援団」

     
イベント名「空堀川を学ぶ」
実施時期平成27年5月15日(金曜日)  
時  間8:45~17:00
参加者:
生き残れ川の応援団(代表 小浜ミサ子様他9名。茅ヶ崎市下水道河川建設課 三戸様他4名。
東村山市下水道課 服部課長。当会5名。 

活動内容
当会の活動内容、空堀川の概略説明、空堀川DVD鑑賞
空堀川現地見学(からぼり広場~五中橋まで(案内 友保及び小倉)

実施明細

事前準備
   会場の予約(社会福祉センター 地域福祉活動室)
   勉強会パワーポイント資料の作成(平田理事)
   機材の予約及び駐車場の確保、昼食の場所及び内容


15日当日の実施時間及び内容

  8:45   茅ヶ崎市役所集合
 10:40~11:55  座学(パワーポイント)
 12:00~12:50 昼食(割烹あづま 一人千円の弁当セット)
 13:10~15:15   現地見学
    〜17:00   茅ヶ崎市役所着

成果
チェックシート集計: 
 チェックシートを使用して、空堀川の採点をした。
 管理用道路や道路が連続し、フェンス等があるがほぼ全域で水面が見られる状況のため河川の認知度はある。上流部は特に水量不足で生き物の棲息環境、水環境が保持されていない。現河道には生き物が棲息し、健全な水環境が比較的保たれている印象。他方ゴミや濁りがあり場所によっては滞水し藻が繁茂。
 新河道は整備直後もあり、生き物・水環境については低い値。
現地チェックポイント12か所についてそれぞれ、「生き物」 「水環境」 「水質・水量」 「景観」 「親水」の5項目について%評価のチェックシートを作成した。

座学状況
a0258102_20274715.jpg


会食状況
a0258102_1101186.jpg

現地見学
a0258102_1111828.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2015-06-05 20:28 | 環境学習支援

大岱小学校植樹祭

a0258102_7514048.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2015-04-21 07:51 | 環境学習支援

大垈小学校 植樹祭を行います!

 大垈小の小学生に、空堀川沿いに苗木を植えてもらいます。
当会は、環境学習支援として、空堀川沿いの植樹のお手伝いを行っています。

<参加できる方、お手伝いをお願いします。見学だけでも、歓迎します>
場所:空堀川 ふれあい橋右岸(南側) 栄町1丁目
a0258102_14492288.jpg

<すること>
1.植え穴準備
小学生だけでは、植木を植える穴を掘るのは大変なので、事前に掘っておきます。
日時:3月11日(水) 9時~12時 と 3月13日(金) 9時~12時
※スコップで穴を掘りますので、汚れてもいい服装と靴(できれば、長靴)でお願いします。
スコップ、軍手等は、こちらで用意します。
小雨、決行。

2.植樹
小学生に、苗木を植えてもらいます。大人は、それの手伝いをします。
日時:3月13日 13:30からと14:25から1組と2組に別れて行います。
15時30分ごろ 終了予定です。
雨の場合の予備日は、17日(火)です。

写真は、前回実施した時のものです。
a0258102_14493526.jpg
a0258102_1449451.jpg
a0258102_14502144.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2015-03-07 14:52 | 環境学習支援

ワンドのかいぼり

3月15日 東村山市立第三中学 自然探究部との協働によるワンドのかいぼり報告書を添付します。
a0258102_19161138.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2014-05-14 19:16 | 環境学習支援

ワンドの補修・かいぼり・生きもの調査

ワンドの補修・かいぼり・生き物調査
浄水橋の上手左岸にワンドがあります。北々建と共同で造成してから10年近くなります。
増水時に魚などの生き物が流されないための逃げ場として作りました。もともと出来るだけ人為的な手を加えないという方針で維持してきましたが、周囲の植栽が荒れ、ワンドの底にもヘドロが堆積して浅くなっています。そこで荒れたヨシを刈り取ったり、「かいぼり」を行って望ましい姿に整備することにしました。

実施要領を添付しました。
市立第三中学校の自然探究部のメンバーが協力します。
会員の皆様も是非参加してください。
[PR]

by karaborigawa | 2014-03-04 16:22 | 環境学習支援

大岱小学校 総合学習支援

a0258102_21351644.jpg
皆様こんにちは。
大岱小学校の総合学習支援イベント概略をお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  総合学習【大岱小学校 植樹祭】

                           NPO法人 空堀川に清流を取り戻す会  25-1-24
イベント名大岱小3年生総合学習(植樹祭)
実施時期平成25年1月24日(木曜日)  晴れ、気温9℃
時間午後1:45~2:45(1時間)
参加者東村山市立大岱小学校3年1組、2組、3組 88名(永井先生、岩下先生、高橋先生)
当会:7名、 市みどりと環境:2名、
活動内容空堀川ふれあい広苑の管理道路にオオムラサキツツジの苗木を植える
協力東京都北多摩北部建設事務所、東村山市都市環境部みどりと環境課、近隣自治会
先生方、父兄およびNPO空堀川に清流を取り戻す会                   
維持管理NPOと学校
連絡先東村山市教育委員会(子どもの水辺協議会)    
用具類当会:(三本鍬、スコップ、ツルハシ、ジョレン、ショベル、レーキ、バケツ、揚水ポンプ、ごみ袋
カラーコーン、ブルーシート、横断幕その他必要資機材)、   学校:(スコップ、ショベル)
資材類市:オオムラサキツツジ苗木100本、当会:腐葉土(くぬぎ14ℓ 9袋)、ピートモス(20ℓ 6袋)
実施明細

事前準備
    ●植栽場所の選定及び面積・・・事前に選定し、スケッチ図を作成する(下図)。
●植え場所を事前に整備し、当日は生徒達がショベルなどで簡単に穴を掘り植えられるように
     準備しておく。(開墾、抜根、除草、地ならし、用土の補充など)
    事前準備担当:市、都、教員、父兄、NPO、近隣自治会(どんぐり、栗林、栗が丘、栄町1丁目、    
               本町4丁目、天王橋)  
     事前準備の日時および集合場所:19日 9時~12時 本町都営1号館前の遊歩道
             (雨天の場合は19日)                 
実施要領
平成24年1月24日(木曜日)
  午後1時に苗木100本を学校の北東門へ搬入。 用具類は植栽現場へリヤカーで搬入。
  学校よりビニール袋をもらって苗木の根をカバーした。

  1:45~2:00  北東門に全員集合、挨拶と作業の説明。
  2:00~2:40  現地にて植栽作業  
  2:40~2:50  振り返り。感想発表、解散。
  2:50~3:30  水やり、用具類収納後解散(当会会員)
a0258102_21271526.jpg








  
反省点
●苗木の根鉢の土がむき出しだったが当会の会員の機転で学校からビニール袋をもらい、カバーしたので
 子ども達が運びやすかった。
●1組は一度に苗を全部並べてから土掛けを行ったので奥の列(フェンス側)に十分土が盛れなかった。
 次回からは奥から一列植えるごとに土を被せる方法をとる。
●30人一斉に作業したので混雑した。10人づつに分けて順番に作業する方法も検討したい。
●時間が短いので最後の水遣り作業を見せる時間がなかった。

今後の対応:
●ふれあい広苑地区には補植箇所がたくさん有るので他の学年も順次企画してはどうか。
●下堀広苑地区でも同様の企画を検討する。(久米川東小、青葉小)
[PR]

by karaborigawa | 2013-02-03 21:39 | 環境学習支援

富士見小総合学習「ヤゴ救出作戦」

a0258102_2103318.jpg
  富士見小学校5年生 総合学習(ヤゴ救出作戦)     平成24年5月31日

イベント名総合学習「ヤゴ救出作戦」                                                                                                                                                                                       
実施時期平成24年5月31日(木曜日)
対象者東村山市立富士見小学校5年生1~2組(61名)              
時間帯9:35~11:25                                  
活動内容プールからヤゴを救出してミニたんぼと空堀川へ放流する
学校担任小沼先生、神山先生ほか
協力・支援NPO空堀川に清流を取り戻す会(垂水、分部、友保)
子ども達プールに入れる服装。 はだし、サンダルは不可                            
学校で用意するものバケツ、バット、タモ網                                                           
当会で用意するものタモ網、スプーン、エアポンプ、バケツ、紙芝居、記録用紙、                   
フィルムケース、赤虫
保険学校で付保
実施明細

事前準備試し捕り事前にヤゴがいるかどうか確認する(極端に少ない場合は中止もありうる)
水抜き1~2日かけてプールの水を水深20~30cmまで抜いておく。            
家庭へ生徒の家庭にヤゴ救出作戦授業の趣旨と体調への配慮につて連絡しておく。  
救出したヤゴを家で飼う場合は家族と十分話し合って了解してもらっておく。

中止の判断前日(または当日午前7時半ごろまでに)担任教諭が判断し、関係者に連絡する。
原則として小雨決行。
学校での飼育事前に世話係を決めておき、トロ箱、エサなど必要用具類を準備しておく。


当日の時間割  

   9:35プールに集合                                           
   9:35~ 9:45 10:40(井戸端前に集合)   10:50~(3班に分かれて活動)  12:00(報告)  12:10(解散)挨拶、サポーター紹介、今日の活動について説明                          
   9:45~ 9:50紙芝居(ギンヤンマの一生)                                      
   9:50~10:00 7月7日(木曜日)ヤゴの捕り方、種類、注意事項                                   
  10:00~10:30  1:30~3:00も上記と同様の時間配分(7月8日のこの時間帯は予備)  ヤゴ捕り。各組の半数がプールに入り、残り半数がプールサイドでカウント。
  10:30~11:00残り半数が交替                                            
  11:00~11:10種類と数の発表                                         
  11:10~11:25 井戸端に集合して先生方の挨拶。各班に分かれて担当者が活動内容を説明してスタート。ミニたんぼへ放流 、挨拶、解散。  一部は空堀川に放流。                                           


救出した種類と数:アカネ系 1163頭     シオカラ、ギンヤンマ系、糸トンボ系は残念ながらゼロ。
総括:
●全員を半数に分けて捕る組、数える組が交替したのでスムーズに運んだ。
●注意事項を良く守り、活発に活動したので楽しい授業になった。
●皆がタモ網やトレー、バケツなど、使った道具を綺麗に洗い、きちんと片づけたので気持ち良く活動が出来た。
改善点
●学校や家での飼い方をも少し詳しく説明するほうがよかった。
●ギンヤンマや糸トンボを呼び寄せるためのヤゴイカダを9月ごろに設置することを検討する。
a0258102_211793.jpg
a0258102_2114149.jpg
a0258102_2114149.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-31 21:03 | 環境学習支援