富士見小総合学習「ヤゴ救出作戦」

a0258102_2103318.jpg
  富士見小学校5年生 総合学習(ヤゴ救出作戦)     平成24年5月31日

イベント名総合学習「ヤゴ救出作戦」                                                                                                                                                                                       
実施時期平成24年5月31日(木曜日)
対象者東村山市立富士見小学校5年生1~2組(61名)              
時間帯9:35~11:25                                  
活動内容プールからヤゴを救出してミニたんぼと空堀川へ放流する
学校担任小沼先生、神山先生ほか
協力・支援NPO空堀川に清流を取り戻す会(垂水、分部、友保)
子ども達プールに入れる服装。 はだし、サンダルは不可                            
学校で用意するものバケツ、バット、タモ網                                                           
当会で用意するものタモ網、スプーン、エアポンプ、バケツ、紙芝居、記録用紙、                   
フィルムケース、赤虫
保険学校で付保
実施明細

事前準備試し捕り事前にヤゴがいるかどうか確認する(極端に少ない場合は中止もありうる)
水抜き1~2日かけてプールの水を水深20~30cmまで抜いておく。            
家庭へ生徒の家庭にヤゴ救出作戦授業の趣旨と体調への配慮につて連絡しておく。  
救出したヤゴを家で飼う場合は家族と十分話し合って了解してもらっておく。

中止の判断前日(または当日午前7時半ごろまでに)担任教諭が判断し、関係者に連絡する。
原則として小雨決行。
学校での飼育事前に世話係を決めておき、トロ箱、エサなど必要用具類を準備しておく。


当日の時間割  

   9:35プールに集合                                           
   9:35~ 9:45 10:40(井戸端前に集合)   10:50~(3班に分かれて活動)  12:00(報告)  12:10(解散)挨拶、サポーター紹介、今日の活動について説明                          
   9:45~ 9:50紙芝居(ギンヤンマの一生)                                      
   9:50~10:00 7月7日(木曜日)ヤゴの捕り方、種類、注意事項                                   
  10:00~10:30  1:30~3:00も上記と同様の時間配分(7月8日のこの時間帯は予備)  ヤゴ捕り。各組の半数がプールに入り、残り半数がプールサイドでカウント。
  10:30~11:00残り半数が交替                                            
  11:00~11:10種類と数の発表                                         
  11:10~11:25 井戸端に集合して先生方の挨拶。各班に分かれて担当者が活動内容を説明してスタート。ミニたんぼへ放流 、挨拶、解散。  一部は空堀川に放流。                                           


救出した種類と数:アカネ系 1163頭     シオカラ、ギンヤンマ系、糸トンボ系は残念ながらゼロ。
総括:
●全員を半数に分けて捕る組、数える組が交替したのでスムーズに運んだ。
●注意事項を良く守り、活発に活動したので楽しい授業になった。
●皆がタモ網やトレー、バケツなど、使った道具を綺麗に洗い、きちんと片づけたので気持ち良く活動が出来た。
改善点
●学校や家での飼い方をも少し詳しく説明するほうがよかった。
●ギンヤンマや糸トンボを呼び寄せるためのヤゴイカダを9月ごろに設置することを検討する。
a0258102_211793.jpg
a0258102_2114149.jpg
a0258102_2114149.jpg

[PR]

by karaborigawa | 2012-05-31 21:03 | 環境学習支援